【高品質なスタンド、マイクスタンド卓上】最新の金属フレームとスプリングが極めて頑丈でマイクを確実に支えながら騒音と振動の低減にもつながります(最大耐荷重:2Kg)。デュアル仕組みのポップガードは呼吸などによる雑音・湿気からコンデンサーマイクを守れ、音はもっとはっきり聞こえます。なお、更新された固定クランプと保護マットを利用して厚さ5.3㎝の机に設置可能だけではなく、振動と回転アームによる騒音の低減にもつながります。
【柔軟性と互換性】マイクアームは360℃回転可能、水平に最大68㎝まで伸びます。なお、3/8インチのねじ変換アダプター付き、ほとんどのマイクに適用します。
【折り畳みデザイン・卓上クランプ付き】使いやすさを十分に考慮したうえにデザインされたこのマイクスタンドは折り畳み可能で、持ち運びもしやすい、お好みの角度・高さに調整するだけで完璧な音が出ます。ソフトゴムマットを利用して最大厚さ2インチの机にセットできます。
best omnidirectional microphone
【多用途】この回転式マイクスタンドはあらゆる店、家庭、舞台、スタジオ、ラジオと放送局などに大活躍しています。
【卓上マイクスタンド組み合わせ パッケージ内容】 マイクスタンドx1、固定クランプx1、マイクホルダーx1、ショックマウントx1、ポップガードx1、携帯電話スタンドタブレットx1、ケーブルバンド(5本)、固定クランプx1、金属変換アダプタx1、日本語説明書x1 。【Goreson一年間保証】:弊社製品に絶対の自信を持っていますので一年間の長期保証を全ての製品に提供しております。万が一、お買い上げ後一年間以内に製品に不具合が生じた場合は、アマゾンの購入履歴より弊社までご連絡ください。返金や交換などの対応をさせて頂きます。

関連する提案


AKEIE コンデンサーマイクスタンド


2021/01/21(木) 17:03 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
新型コロナウイルスワクチンの製造に関し、英製薬大手アストラゼネカとブラジルの国立研究機関オズワルド・クルス財団との間で結ばれた契約条件には、懸念すべき内容が含まれていた。その内容を受け、国境なき医師団(MSF)は各国政府に対し、新型コロナワクチンのライセンス契約や、臨床試験の費用やデータに関する透明性の確保を、製薬企業に速やかに要求するべきだと訴えている。有力なワクチンの開発には数十億米ドル(約数千億円)もの公的資金が投じられていることを考慮すれば妥当な要求であり、ワクチンへの公平なアクセスと購入可能な価格を確保するためにも重要だ。
無國界醫生香港

「原価販売」の公約に疑問

無國界醫生香港

オズワルド・クルス財団はこのほど、アストラゼネカと締結した1億回分以上のワクチン(AZD1222)を製造するためのライセンス契約をインターネット上に掲載した。これはワクチンに係る契約の透明性確保という意味で、他の政府に先駆けた事例と言える。しかし公開された契約内容は元となった合意――アストラゼネカ社が公約してきた、パンデミック(世界的流行)下での「原価販売」には制限がある、という記述を編集してある。この当初の合意は、アストラゼネカにパンデミックの終了宣言を出す権限を与え、早くて2021年7月にはこうした宣言を出せる、としている。それは、全額を公金で賄ったワクチンであるにもかかわらず、2021年7月以降、同社は政府などのワクチン購入者に高額を請求できるということを意味する。アストラゼネカとオックスフォード大学が結んだ最初の独占ライセンス契約の内容は未公開だが、それ以降に同社が世界各地の他のワクチンメーカーと締結する取引条件は、最初の契約内容によってほぼ決定づけられていると考えられる。アストラゼネカとオックスフォード大学間のライセンス内容を知る関係者は、アストラゼネカによる「原価販売」の公約に疑問を呈し、同社は新型コロナワクチン製造に係る費用に少なくとも20%を上乗せした額を請求するだろうという見方を示している。オズワルド・クルス財団との契約以外では、同社と南アフリカやインドなど他メーカーとのサブライセンスもまだ公開されていない。

6つのワクチン候補に計120億米ドルの公的資金

世界の大手製薬企業は、ライセンス契約から技術移転、研究開発費、臨床試験データに至るまで、透明性のある情報開示という観点ではこれまでの実績は芳しくない。利益を追わないというアストラゼネカの約束について、ほとんど情報が公開されていないことも、製薬企業が公衆衛生を最優先するとにわかに信じることができない理由である。

MSFアクセス・キャンペーンのワクチン政策上級顧問ケイト・エルダーは、「取引の中身が明らかにならない限り、ワクチンを誰が、いつ、どのような価格で利用できるか、その決定権は製薬企業が持ち続けるでしょう。企業に透明性を求める強い姿勢を政府が取らなければ、新型コロナワクチンの公平な普及は危ぶまれます。市民にはこれら取引の内容を知る権利があります。この危機的なパンデミック下で、秘密にする余地などありません」と話す。

このような取引は、多額の公的資金を受けて新型コロナワクチン開発に取り組む他社でも行われている。最有力とされる6つのワクチン候補の研究開発、臨床試験、製造には、計120億米ドル(約1兆2618億円)以上の資金が投じられてきた。アストラゼネカ/オックスフォード大学(17億米ドル以上、約1787億5500万円以上)、ジョンソン・エンド・ジョンソン/バイオロジカル・イー(BiologicalE)(15億米ドル、約1577億2500万円)、ファイザー/ビオンテック(25億米ドル、約2628億7500万円)、グラクソ・スミスクライン/サノフィパスツール(21億米ドル、約2208億1500万円)、ノババックス/インドのセラム・インスティチュート(約20億米ドル、約2103億円)、モデルナ/ロンザ(24.8億米ドル、約2607億7200万円)である。アストラゼネカは「新型コロナワクチンの開発費は、政府と国際機関による資金援助で相殺できると予測している」として、ワクチン開発は同社の財政に影響を及ぼさないとこれまでに何度も言及している。

各国政府は大胆な政策でワクチンの公平な普及実現を
無國界醫生捐款


MSFは、新型コロナワクチンの開発者に対し、臨床試験の費用とデータの開示も求めている。この情報なくして、政府や医療機関が購入可能な適正価格を割り出し、ワクチンの安全性と有効性に関する重要なデータを精査することは不可能だ。研究開発費と製造費の大部分(アストラゼネカとモデルナの場合は全額)が公的資金によって賄われていることを踏まえれば、市民にはこれらの費用とデータの内訳を明白に知る権利がある。

MSFアクセス・キャンペーンの政策顧問ロズ・スコースは、こう述べている。「各国首脳は、新型コロナワクチンは世界的な公共財になると繰り返し断言し、業界は最大限の務めを果たしているとしていますが、現時点では、このような未曾有の事態においてさえ、製薬企業が公衆衛生のために行動するとは信じられないのが実情です。何十億米ドル(約数千億円)もの税金がこれらのワクチンのために投じられ、何十億人もの命が危機に瀕しているにも関わらず、私たちは必要な情報を得られない状態にあり、新型コロナワクチンの価格と供給、公平なアクセスが、今後どうなるのか、判断材料が与えられていないのです」

各国政府は、この危機において大胆な行動を取らなければならない。ワクチンのために多額の公的資金を渡した責任から、新型コロナワクチン関連のすべてのライセンス、契約、臨床試験費用、データを、早急に公表するよう製薬企業に求めるべきである。

related suggestion:


新型コロナウイルス:ファイザーとモデルナのワクチンは、生産者を増やして世界的な普及を


2021/01/19(火) 12:58 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

レディース&メンズ脱毛サロンが大阪にオープン!

・脱毛行ったことないから、少し怖い
・コロナでお手入れができなかった
・実際に効果があるか分からない
・脱毛行きたいけど、極力予算は抑えたい
dermes hk

そんな方にも安心して頂けるような、
痒い所にも手が届くような特典やプランをご用意致しました!

dermes hkまた、モニターに協力して頂ける皆様を同時に大募集しております!
モニター協力頂けました方には更に特典をご用意しております。

私達、トータルビューティーサロン★パーフェクト。が、皆様のムダ毛を処理して心身ともに自信アップのお手伝いをいたします!
dermes hk

LGBTの方でもご遠慮なくお問い合わせください!

関連する提案:


脱毛前のデリケートゾーンの処理方法


20210113-133344.jpg
2021/01/13(水) 13:34 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

排尿のトラブルには尿失禁があります。


この尿失禁の代表的なものに、腹圧性尿失禁と

切迫性尿失禁というものがあります。


腹圧性尿失禁はの症状は、咳やくしゃみ、笑ったときに

尿がもれてしまうようなものがあります。


また、散歩やジョギングなどの軽い運動でも

尿漏れをおこす症状が現れます。


このように腹圧性尿失禁は、咳やくしゃみ、

運動などで腹圧があがるときに、不意に尿が

漏れ出してしまうことをいいます。


尿漏れが起こる原因としては、便秘、肥満、出産、

老化、運動不足などさまざまです。


便秘が尿漏れの原因になるのは、膀胱を圧迫したり

骨盤底筋を閉めにくくするなどの影響があるからです。


また肥満も便秘と同じように、膀胱圧迫や骨盤底筋に

影響があります。


これに対して切迫性尿失禁とは、突然強い尿意を感じ、

そうなると我慢できずに漏れてしまうことをいいます。


通常は尿意を感じても、脳が排尿のコントロ一ルしてくれるので、

トイレに行ってから排尿が出来ます。


しかし切迫性尿失禁は、このコントロールがうまく出来なくなり、

自分の意志とは無関係に膀胱が勝手に収縮し、

尿漏れを起こしてしまうのです。


切迫性尿失禁のケースでは、脳卒中などの後遺症で

コントロールが出来なくなったことが原因でなるケースも

あるようです。


また、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方が

混ざっているものを、混合性尿失禁といいます。


また、溢流性(いつりゅうせい)尿失禁がありますが、

これは尿が出にくいのに、漏れてしまうような症状があります。


原因としては、糖尿病の神経障害などがあります。

関連記事:


尿失禁の検査方法


20210108-151421.jpg
2021/01/08(金) 15:11 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)


人事制度というのは、評価だけに限りません。

 賃金、研修、評価、目標、職位など、結構広い範囲のものです。

 これを総合的に制度として作ることで、社内の活性化や業績向上に繋がります。

 昔流行ったのは「成果報酬型」の人事制度です。

 これは、結果(成果)を中心に評価するというもの。

 しかし、もちろん歪みが出てしまいました。

 とはいえ、遊びでない以上は成果を求められるのは当然です。

 そのため、この本でも「偏らないこと」が大事だと書いています。
hr system


 この中で特に印象に残ったのは、「なぜ育成型を目指すのか」という理由です。

 今は人員削減により、どこも人手が足りなく、マネージャーもプレーヤーです。

 そのため、「教える」ことに時間を割く時間がなかなかありません。

 一方で、仕事は座学だけではなく、実際に体験(経験)することで学びます。

 となれば、自ら経験する場を与えて育っていく環境を作ることが必要です。

 そのため、「育成型」が必要となる、というわけです。

 あとは、「職務給」と「職能給」の違いですね。

 結果をより短期的に求めるのが、「職務」に着目した前者です。

 対して、昔の年功序列のように「能力」に着目するのが後者です。

 とはいっても、これもやはり偏らずにハイブリッド型にすべきです。

 うーん、それはそれで難しい・・・。



 それにしても未だに分からないのが「コンピテンシー」という概念。

 人によっても、色々な定義があるようです。

 ちなみに、この本では、「優れた成果を上げている人たちが保有し、かつ具体的な行動場面で発揮している知識(業界知識、専門分野知識など)、スキル(問題分析、交渉技法など)、行動特性・資質(チーム強調行動、忍耐・弾力性など)を整理し、モデル化したもの」と書かれています。

 なんのこっちゃ、よく分かりません・・・・。

 結局、ハイパフォーマーに共通する行動をモデルにしたもの、ということかな。

 そんな感じで動く事ができれば、きっと良い結果に繋がるよ、と。

 でも、それって会社によっても異なりますよね。

 どこをとってハイパフォーマーとするのか難しいところです。





 私は、今の会社ではこれから人事制度の再構築をしていく予定です。

 少しAS ISの分析・ヒアリングということもスタートしています。

 そのうえでToBeを作り、ギャップを埋めていくための方策を練っていきます。

 構築も大事だけど、運用も大事。

 とはいえ、人事制度は3年程度しか持たないので、日々進化していかないと。

 難しいプロジェクトですが、人材活性化のため頑張ります。

関連する注意事項:


1.人事制度の構築


20210105-182010.jpg
2021/01/05(火) 18:16 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

20210104-170615.jpg
更年期障害の症状にはホットフラッシュが典型的です。

ホットフラッシュとは顔面紅潮から始まって、頸部や胸部の熱感や発汗などがみられます。その他にはのぼせ、イライラ、肩こり、不眠、抑うつ症状、脱力感、動悸などがみられます。
更年期障害には個人差があり、半数以上の女性に起こります。

更年期障害の検査では、血中ホルモンのエストラジオール、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)などを検査し、卵巣機能の低下や閉経後であることを確認します。
また、基礎体温で排卵の有無を検査します。
陰道感染

更年期障害の症状には個人差があるため、治療しなくても乗り切ることができる人もいます。検査によって閉経後であることを確認した場合は、ホルモン補充療法による治療が行われます。

血中のホルモンが正常で排卵がない場合は、ホルモン補充療法によるプロゲステロン(黄体ホルモン)が使用されます。

その他の薬物療法には、精神安定剤、睡眠導入剤、自律神経調整剤、漢方製剤などが必要に応じて用いられます。

関連記事:


カンジダ性膣炎


2021/01/04(月) 17:04 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)